店舗紹介

株式会社 いらっしゃい店
お客様の大切な商品を
専門的評価で高額査定致します。

〒879-0454
大分県宇佐市法鏡寺265-1
電話:0978-25-6978
営業時間:10:00〜19:00
土日祝日:10:00〜18:00
定休日:第一・第三日曜日
古物営業法による表示

質屋許可
大分県公安委員会
第94107-0000010号
古物商許可
公安委員会
第94107-0000730号

全国質屋組合連合会 会員
大分県質屋組合 会員

金印 蛇鈕・亀鈕

昨日の大河ドラマ「江」の中で、豊臣秀吉が金印を投げつけた
シーンがありました。
古代より中国から日本に4つの金印が贈られたとされます。

最も有名なのが教科書にも出る「漢委奴国王」の刻印。
これは、江戸時代天明4年(1784)、福岡県福岡市志賀島の農民により、
偶然発見されたとされる金印です。
一辺が約2.3cmの正方形で、高さ約2.2cm、重さは約108.7g、金性は95.1%。
真贋はいろいろな説がありますが、後漢書東夷伝に記述もあるそうです。

金印は、これ1つではありません。現在みつかっているものが、これ
1つです。最初に書きました豊臣秀吉は、属国とみなされたことに怒り、
鋳潰したそうです。

魏志倭人伝によると、 西暦238年、魏の明帝から邪馬台国の卑弥呼
に「親魏倭王」の金印が贈られています。
そして、足利義満の「日本国王之印」の4つです。
もしかすると、見つかってない記録もありもっとあったかもしれませんね。

贈ったと書きましたが実際には下賜。主君が属国のあなたをその国の王と
認めますという意味がありました。

そして四角の印の上には、紐を通す穴があり、動物の型になっています。
「漢委奴国王」の金印は、蛇 ー 蛇鈕の金印。(だちゅう)
他の3つの物は、亀 ー 亀鈕の金印です。(きっちゅう)

蛇鈕と亀鈕の他にもあり、その時代時代で、内臣外臣、蛮夷の王等の
意味があったそうです。
金印は、中国でも見つかっています(寒山古墓から蛇紐の金印)。

歴史は興味深いです。金印1つをテーマに絞って調べても飽きることない、
果てしない知の欲求が湧いてきます。

gold k24 010.JPG

8月15日、貴金属買取相場

18金・K18 3,250円/1g         プラチナ850 3,750円/1g
インゴット100g以上 4,460円/1g    プラチナ900 3,950円/1g
24金・純金製品 4,250円/1g       プラチナ1000 4,310円/1g
14金・K14 2,160円/1g   

上記相場価格×重さ=お買取価格   
手数料や分析料、鑑定料は、もちろん無料です。
お客様の大切な商品を専門的評価で高額査定致します。

日時:2011年8月15日 17:19