店舗紹介

株式会社 いらっしゃい店
お客様の大切な商品を
専門的評価で高額査定致します。

〒879-0454
大分県宇佐市法鏡寺265-1
電話:0978-25-6978
営業時間:10:00〜19:00
土日祝日:10:00〜18:00
定休日:第一・第三日曜日
古物営業法による表示

質屋許可
大分県公安委員会
第94107-0000010号
古物商許可
公安委員会
第94107-0000730号

全国質屋組合連合会 会員
大分県質屋組合 会員

武器輸出新三原則

政府は、防衛装備移転三原則を閣議決定しました。

旧来の武器輸出三原則、1967年佐藤栄作内閣の国会答弁で禁止は。
1、共産圏諸国向けの場合
2、国連決議により武器等の輸出が禁止されている国向けの場合
3、国際紛争の当事国又はそのおそれのある国向けの場合

また、1976年の三木武夫内閣の国会答弁を経て、対象地域以外の国についても
武器の輸出を実質控えられることになりました。現在までやむを得ない場合は例外
規定として21件、その都度官房長官談話で設けられています。

新たな防衛装備移転三原則では、
1、国連安保理決議の違反国や紛争当事国には移転しない。
2、平和貢献・国際協力の積極推進や我が国の安全保障に資する場合に限定し移転
  を認め、透明性を確保しつつ厳格審査。
3、目的外使用および第三国移転について適正管理が確保される場合に限定。

輸出ではなく移転なのは、兵器のほか技術や装備品など多岐にわたるためだそうです。

三菱重工や川崎重工、IHIなどの企業は、自衛隊のみがお客さんでは採算を合わせる
のがたいへんであり、また、効率も悪くなります。(防衛省を顧客とする生産の総額は現
在2兆円以下で、日本の工業品生産額の0.8%に満たない。)
日本の技術や装備を欲している国は多くあり、強く要望されています。

取り分け、アジア諸国は安い中国製品が装備の大半を占めることで中国に対して抑止
力にならず、また、いざという時に隠されたシステムで稼働できないことも考えられます。
インドネシアやフィリピン、ベトナムほか東南アジア諸国は、南シナ海で中国と緊張が
高まる中、日本の装備品を待っています。

日本が武器輸出を解禁したとしても簡単には一大産業になりませんが、自動車や家電
などの競争が厳しい中、新たな産業作りは魅力的であり雇用にも資することになります。

アメリカのGMや韓国のサムスンなども軍需部門があり国際シェアを争っています。
日本のモノづくりの力が軍事産業で生きれば意義は大きいです。
取り分け艦艇や潜水艦など日本海軍の強さは世界的に有名であり有望です。いきなり
潜水艦の輸出は難しいと思いますが、必ず国益となります。

また逆に、東日本大震災で日本のロボットが役に立たなかったように、有事を想定して
いない技術はたかが知れています。もしもを何重にも考えることで、日本のモノづくりも
飛躍的に伸びると思います。

三菱やホンダの進める小型ジェット機も将来の戦闘機を想定すれば、バカ高いF35な
ど買わなくて済みます。

軍需産業にとって、今回の防衛装備移転三原則はまだまだ縛りが多く窮屈です。車や
家電のように世界のトップを目指すのであれば、国営企業の創設も1つの手です。
政府・自民党は、公明党への配慮という理由付けが聞こえてきますが、他国の軍事に
影響を与えることができれば最大の外交カードとなります。

外交、経済、防衛と軍事産業は、とてつもない可能性があります。

IMG_1258.JPG
【宇佐市平和資料館  零式艦上戦闘機】

民主党政権で数少ないいいことが、2011年12月に発表された武器輸出三原則の緩和
の方針です。

【2010年 防衛予算ランキング】
1、アメリカ 6980億ドル (GDPに占める割合4.8%)
2、中国   1190      (2.1%)実際は倍と言われています。
3、イギリス 596    (2.7%)
4、フランス 593    (2.3%)
5、ロシア  587      (4.0%)
6、日本   545    (1.0%)
7、ドイツ  452        (1.3%)
8、サウジアラビア452  (10.4%)
9、インド  413       (2.7%)
10、イタリア370      (2.7%)

【2010年 武器輸出国ランキング】
1、アメリカ 2、ロシア 3、ドイツ 4、中国 5、イギリス 6、フランス 7、スウェーデン

【2010年 武器輸入国ランキング】
1、インド 2、オーストラリア 3、韓国 4、シンガポール 5、アメリカ 6、サウジ 7、中国


2014.4.6 貴金属買取相場

18金・K18     3,420円/1g    プラチナ850 4,280円/1g
インゴット100g以上 4,540円/1g    プラチナ900 4,440円/1g
24金・純金製品   4,390円/1g    プラチナ1000 4,860円/1g
14金・K14      2,490円/1g    K18/Pt850半々 3,770円/1g

上記相場価格×重さ=お買取価格  
手数料や分析料、鑑定料は、もちろん無料です。
お客様の大切な商品を専門的評価で高額査定致します。

日時:2014年4月 6日 16:07