店舗紹介

株式会社 いらっしゃい店
お客様の大切な商品を
専門的評価で高額査定致します。

〒879-0454
大分県宇佐市法鏡寺265-1
電話:0978-25-6978
営業時間:10:00〜19:00
土日祝日:10:00〜18:00
定休日:第一・第三日曜日
古物営業法による表示

質屋許可
大分県公安委員会
第94107-0000010号
古物商許可
公安委員会
第94107-0000730号

全国質屋組合連合会 会員
大分県質屋組合 会員

有事の際の金

昔から金は、有事の際の金と言われ、
戦争や紛争があると需要が高まります。

最も顕著なのがソ連がアフガニスタンに侵攻した時です。

昨日北朝鮮から韓国に砲撃があり、世界のトップニュースで
流れました。

このニュースから予想できるマーケットの動きは、
1、金相場の上昇
2、株式市場の下落
3、地政学的リスクから円安です。

1、2は予想通りの動きですが、3はアイルランドの財政危機の
ニュースの方が重かったようです。
なぜ円安の予想かと言いますと、欧米よりも日本の方が
圧倒的に今回の紛争の地域に近く、まして日本と北朝鮮は
友好国でないからです。
日本にも被害が及ぶ可能性なのです。

本日の金相場は、ニューヨーク商品取引所(COMEX)で
前日比19.8ドル高の1トロイオンス1377.6ドルで終えました。

ig221001 012.JPG

ソ連のアフガニスタン侵攻は、1979年から1989年の撤退までの
10年間です。

この影響で金相場は1980年、ロンドン相場で1トロイオンス850ドルを
記録しました。それでも本日の相場より500ドルも安いのです。
では、日本の相場はどうでしょうか。
なんと純金のインゴットがグラム6,495円を記録しました。

違いは為替です。
本日が1ドル83.3円ですが、当時は220円〜230円でした。

これらよりいかに今の金相場が高いかが分かります。

金は現物として強いのです。


日時:2010年11月24日 10:27