店舗紹介

いらっしゃい店
お客様の大切な商品を
専門的評価で高額査定致します。

〒879-0454
大分県宇佐市法鏡寺265-1
電話:0978-25-6978
営業時間:10:00〜19:00
土日祝日:10:00〜18:00
定休日:第一・第三日曜日
古物営業法による表示

質屋許可
大分県公安委員会
第94107-0000010号
古物商許可
公安委員会
第94107-0000730号
全国質屋組合連合会 会員
大分県質屋組合連合会 会員
宇佐市質屋協同組合 会員

ペリリュー島

パラオはなぜ世界一の親日国なのか
井上和彦 著

私は、パラオの人々の大多数の代表として申し上げたいと思います。パラオの国民は、とくに
私より上の世代の人々は、日本時代に対してたいへん楽しい思い出を持っています。私たち
の生活にも取り入れられ、馴染んできた日本の伝統的価値は、今でも国民の中に生き続けて
います。ですから、日本時代の思い出をいつでも偲ぶことができるのです。要するに日本の伝
統はパラオの国民を強くしました。そして私たちの国の独立に貢献したのです。
(クニオ・ナカムラ初代大統領 DVD「天翔ける青春ー日本を愛した勇士たち)

日本軍将兵は誰もが勇敢だった。そしていかなる敵にも怯まず、御国の盾となって堂々と戦っ
た。これが米軍兵士を恐怖のどん底に陥れた我が将兵の姿である。

山口永少尉を指揮官とする土田喜代一上等水兵ら三四名の勇士が呼びかけに応じて銃を置
いたのは、終戦から実に一年八カ月後の昭和二十二年4月二十一日のことだった。

いたるところに散乱する遺品、撃墜された米軍機の残骸、将兵たちが腰に下げていたであろう
防毒マスク、そして地面に突き刺さったままの艦砲弾・・・・。
”大東亜戦争”がいま私の目の前にあった。

戦火が止んで半世紀、祖国のために戦い、そして散華した将兵の遺骨が、いまもこの暗い戦
闘壕の中に放置されていたのだ。草むす屍となった将兵たちは、この暗い壕の中でただひた
すら祖国の弥栄を祈り続けてくれたのである。
私は唯々申し訳なかった、
「ご苦労様でした・・・・ただいまお迎えに上がりました・・・」

≪戦後、過去の戦争を非難し、軍部の横暴を痛憤し、軍隊生活の非人道性を暴き、戦死した
者は犬死であるかのようにいう論や物語がしきりにだされた。私はこの風潮をみながら、心中
こみあげてくる怒りをじっと堪えてきた。
やっといま、この記録をだすことができるにあたって、私は心の底から訴えたい。戦死した英霊
は決して犬死をしたのではない。純情一途な農村出身者の多いわがアンガウル守備隊のごと
きは、真に故国に殉ずるその気持ちに嘘はなかった。彼らは、青春の花を咲かせることなく、
穢れのない心と身体を祖国に捧げ、
「われわれのこの死を平和の礎として、日本よ家族よ、幸せであってくれ」
と願いながら逝ったのである。いたずらに軍隊を批判し、戦争を非難する者は、「平和の価値」
を知らない人である。≫
(英霊の絶叫 − 玉砕島アンガウル戦記  舩坂弘 著 アンガウルの戦いの帰還兵)

IMG_3330.JPG
【パラオはなぜ世界一の親日国なのか  井上和彦 著】

ペリリュー神社の石碑 アメリカ太平洋艦隊司令長官C・W・ニミッツ提督の賛辞

TOURIST FROM EVERY COUNTRY WHO VISIT THIS ISLAND SHOULD BE TOLD
HOW COURAGEOUS AND PATRIOTIC WERE THE JAPANESE SOLDIERS WHO
ALL DIED DEFENDING THIS ISLAND

諸国から訪れる旅人たちよ、この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって
戦い、そして玉砕したかを伝えられよ

IMG_3332.JPG
【ペリリュー戦70周年日米合同記念式典 本書P8】
土田喜代一元海軍上等水兵と元海兵隊ウィリアム・ダーリング氏。

土田喜代一さんは、今回の行幸啓の前の先月22日に天皇陛下に皇居御所で拝謁したこと
でニュースになったペリリュー戦からの生還兵です。

天皇陛下の行幸啓が発表された後、著者の井上さんに電話で、
「井上さん、陛下がおいでになるなら、たとえ車椅子になっても、這ってでも、もう一度パラオ
に参ります!」 背筋の伸びた感極まった声であった。

昨日、テレビで土田さんの姿を見ました。我々の数倍の思いがあるでしょう。


井上和彦さんの著書は読みやすく、実際にパラオだけでなく台湾、マレーシア、フィリピンな
どで自分の足で取材されています。また、大東亜戦争の著書を多く読んでいることも分かり
ます。先作の「日本が戦ってくれて感謝しています」もよかったですが、陛下の行幸啓に合わ
せた今作も考えさせられました。

そして、このパラオにも中韓の魔の手が伸びています。日本は、対外戦略としての情報戦に
もっと戦力をかける必然に迫られています。戦争の弱い国は情報戦に長けています。被害
者の仮面を被った卑怯な戦略には一歩も引いてはいけません。


そして、本書にも書かれているのが「KBブリッジ」。
「日本・パラオ友好の橋」(Japan-Palau Friendship Bridge)。旧KBブリッジは、韓国の建
設会社によって作られましたが崩落。パラオ政府は、韓国とこの橋を施工した企業に損害
賠償を求めましたが無視されました。暗黒の9月事件(Black September)としてパラオ国
民に記憶されています。

財政基盤の弱いパラオ政府は途方に暮れ再建を諦めかけましたが、日本がODAという形
で無償援助しました。


大東亜戦争の硫黄島の戦いと並ぶ激戦地ペリリュー島とアンガウル島。帝国軍人一万余
の英霊のご遺骨の多くが遺されたままです。8440柱のご遺骨が戻ってきているとのTV
ニュースを見て呆れました。どういうふうにカウントしているのかを知らないのでしょうか。

大きな骨1つを1柱として数えています。あまり本格的な遺骨収集は1万余柱を超えてしま
いますので、厚労省は嫌がります。本末転倒、このような役人の姿が今の日本を表してい
ます。そして、大本営の発表のみを国民に報道した新聞。70年経っても変わりません。

天皇陛下は、本日ペリリュー島を訪問します。昨日も書きましたがペリリュー島は当時、米
軍に「天皇の島」と呼ばれていました。その島に陛下がお迎えに行かれ、勇敢に散華され
た方々が、天皇陛下とともに祖国日本に帰り、靖国で友に会い、家族の下に戻れることを
願いたいです。

忘れてならないのは戦争の悲惨さよりも、「日本のために命をかけた人達」と「その思い」
です。帝国軍人の勇猛果敢な戦い、不撓不屈の精神、規律ある振る舞い、愛国心、家族
愛。本当に語り継ぐべきものです。

軍人に対して、”犠牲者”などという同情は無礼です。軍人の名誉を汚してはなりません。
称えるべきです。

平和を食い物にする共産主義者と社会主義者のヘイワ運動家たち。そして、テレビの自
称インテリのコメンテーター。何も知らず、きれいごとを並べます。しかも、陛下の気持ちを
寸借するなどいうことまで言い、都合のいい解釈をします。

イギリスの元首相チャーチルの言葉  「平和主義者が戦争を起こした」

前衆議院議員 次世代の党 西村眞悟HP
この慰霊は、
今上陛下が父君である昭和天皇と共に二代にわたって果たされる、
霊の世界における、
日本民族の戦前戦後の統合であり、
民族の永続のあかしである。


パラオ共和国は、天皇陛下 皇后陛下のパラオ訪問を記念して、なんと4月9日を祝日に
定めました。日本とパラオの友好を私も願います。


本日の金相場は、NY商品取引所で前日比7.5ドル安の1トロイオンス1203.1ドル。
プラチナ相場は、前日比7.8ドル安の1トロイオンス1,165.5ドル。

原油相場はWTIで、前日比3.56ドル安の1バレル50.42ドル。

東京外国為替市場では現在、1ドル¥120.2、1ユーロ¥129.5。
日経平均株価は¥19,932、NYダウは17,902.5ドル。


2015.4.9 貴金属買取相場

18金・K18     3,690円/1g    プラチナ850 4,030円/1g
インゴット100g以上 4,900円/1g    プラチナ900 4,180円/1g
24金・純金製品   4,730円/1g    プラチナ1000 4,580円/1g
14金・K14      2,690円/1g    K18/Pt850半々 3,780円/1g

上記相場価格×重さ=お買取価格  
手数料や分析料、鑑定料は、もちろん無料です。
お客様の大切な商品を専門的評価で高額査定致します。

日時:2015年4月 9日 10:03